資金調達の赤字を避けるための基本

売掛債権を現金化することによって資金調達を行うファクタリングの場面においては、キャッシュフローに関する知識を持ち、キャッシュフロー計算書作成について理解しておく必要があります。

キャッシュフローの計算書作成にあたって、お金の出入りを記入するための、会計処理の知識や技能が必須であることは言うまでもありません。

キャッシュフローの把握のための会計処理

キャッシュフローとは金の流入、流出のそれぞれの流れを総称する言葉であり、流入、流出、それぞれのキャッシュフローを把握していなければ、ファクタリングを通して実際にどの程度のキャッシュを獲得できたのかを知ることはできません。

流入を増やし流出を減らすことは、キャッシュフローの改善です。この流入と流出の計算を行い、差額を数値化して可視化するのが会計処理の役割ということになります。

会計処理によってキャッシュフローの流れを把握し、キャッシュフロー計算書作成によってキャッシュフローを改善することは、ファクタリングにおける資金調達の効率をあげていくことに繋がります。

継続的なファクタリングのために

継続的にファクタリングを行うのであれば、徹底された会計処理によるキャッシュフローをたえず改善させていくことが非常に重要になってきます。

些末に思えるような流出はキャッシュフローに大きな影響を与え、ファクタリングで得られる資金を減少させます。このような事態を避けるために、ファクタリングで資金調達をする際は、優れた会計処理能力を持つ担当者を雇い、会計処理の担当者からのキャッシュフローに関するこまめな報告を見ながら売掛金の現金化を適切に行っていきましょう。
http://xn--bck2ad3dwftfrcv602edgyc.jp/