おすすめされても簡単に買ってはダメ

不動産投資は実は初心者が怖い思いをすることがあったりする、簡単に手を出してはいけない投資法なんです。

不動産というと、人に貸したりすることで不労収入が出来るという、とてもわかり易い投資方法、というイメージがあります。

初心者にもおすすめしやすい構造のシンプルな投資というイメージが先行してしまってるわけです。

と、こ、ろ、が!!!!!

これはとても大きな落とし穴。しかも最初に失敗すると後が本当に大変なことになる、初心者におすすめする際には多くの注意事項があるべき投資法なのです。

不動産投資を考えている初心者の方がいらっしゃいましたら、おすすめを見て安易に手を出すようなことは絶対にしないようにしてください!

不動産投資はプロの良いカモ

不動産投資はイメージしやすい投資方法だからこそ、初心者におすすめされることの多い投資法なんです。

しかし、、考えておくべきリスクはかなりの数あります。初心者の方であればその点を一番良く理解しておかないと、大変なことになるんです。

まず不動産投資の要の土地と建物。

初心者だと、人通りが多くて、駅が近くて、交通の便が良くて…なんてことを考えがちです。

プロももちろんそのことをよく知ってます。なのでそのメリットをこれでもかとおすすめしてきます。プロも通ってきた道ですから。

プロというのは不動産仲介業。特に土地と建物を売り抜けることにおいてはペテン師と言ってもいいほどよくウソをつきます。

初心者が一番騙されやすいパターンが、土地と建物を持っていれば必ず価値が上がるし、家賃収入もある、不動産投資こそ不況を生き抜く知恵だ、と。

プロが不動産投資のために、将来地価が上がる土地と建物を今おすすめして売ると思いますか?

よほどの事情がない限り、自社で貸したり寝かしたりするのが当然です。

不動産投資の恐ろしい落とし穴はここからはじまるんです。

不動産投資では維持費用も大家持ち

買ってしまえば家賃収入だけが入ってくるから、家と土地の購入代金を回収できれば後はすべてプラス!

不動産投資の初心者はこんなふうに考えてしまいがち。

もちろんプロもその点をおすすめしてきます。

「維持費用は微々たるものだから考えなくていいから、いついつまでに回収できるんです、だから今まさにおすすめしてるんです。」

なんてウリ文句は常套句。相手の利益を考えるふりをして自分の利益だけを優先したウソを平気で吐きつけてくるわけです。

不動産維持費は、経年劣化に加えて、住む人の扱いにも大きく左右されます。

簡単に維持費用は微々たるもの、何ていうのは初心者が一番考えてはいけないおすすめのウソの部分なのです。

不動産投資で人に貸すということは、そういうところで大きな損失が出てくるものなんですね。

初心者であれば、こういった不動産投資のおすすめには人一倍気をつけましょう!
https://fudousaninvestment.com